石川県

変化に富んだ海岸線を持つ能登と 山岳地帯や河川と平野の加賀

石川県は本州ほぼ中央の日本海側に位置している。大きく「能登地方」と「加賀地方」に分けることができ、「能登半島」は北部に位置し、日本海に突き出ている。海岸が長く続き、全長約580キ​​ロに達する。南北に細長く伸びている地形であり「能登地方」と「加賀地方」は、その景観に大きく異なる。「能登」は、南部の湾では穏やかな一方、北部は日本海に面した荒波による浸食が激しく、対照的な海岸地形を楽しむことができる。 「加賀」は、「白山」を最高峰とする山岳地帯があり、そこを源流とした河川によりできた平野に都市が発達したものである。

石川県の行政、経済、文化の中心都市「金沢市」であり、「加賀友禅」という名前で親しまれているシルクの生地と「金沢箔」という名前で有名な金箔細工、「九谷陶磁器」などの伝統工芸と特産品がたくさんある。 日本海の荒波に鍛えられて脂ののった魚などの魚介類が有名で、特に冬のカニ漁は、この地方の特産物として有名である。

出典:観光庁ホームページ

http://www.jnto.go.jp/eng/

石川県の周辺環境の評価

  • 買い物充実度
  • レストランやカフェの充実度
  • 娯楽施設の充実度
  • 交通機関
  • 街の雰囲気

日本語学校の留学生ですか?

日本での留学を考えている未来の留学生の為に、あなたの語学学校での体験談を伝えよう!

日本語学校の体験談を記入する

あなたの学校の情報を
お寄せください

・掲載情報が古い、間違っている

・学校の写真を掲載して欲しい

・学校が掲載されていないので載せて欲しい

などのお問い合わせは下記のフォームよりご連絡ください。

掲載に関するお問い合わせ