岐阜県

歴史と文化が残る世界遺産 白川郷。 1300年前から続く伝統的漁業 鵜飼

岐阜県は、本州の中央部に位置している。森林が80%を占める岐阜県は「飛騨」の高い山岳地帯から木曽川下流の濃尾平野まで大きな高度差がある。標高3千メートルの高峰がそびえ立つ飛騨山脈は巨大なブナ林や高山植物が残っている「中部山岳国立公園」や「白山国立公園」を有する。「白山」の麓にある「白川郷(村)」には、古くから伝わる合掌する形をしたユニークな屋根である「合掌づくり」の民家が並んでおり「世界文化遺産白川合掌集落」として白川郷の合掌集落は、1995年12月にユネスコの世界遺産委員会で世界遺産リストに登録された。

また、奇妙な石や岩石が点在する渓谷である「恵那峡谷」などの景勝地と10世紀から温泉治療の場として栄えた「下呂温泉」など、自然があふれる観光地がたくさんある。 春から秋の間の「長良川」の川沿いでは、約1,300年前から続けてきた伝統的魚漁の方法である「鵜飼(鵜を訓練させて鮎などの淡水魚を握ること)」が行われていることで知られている。

出典:観光庁ホームページ

http://www.jnto.go.jp/eng/

岐阜県の周辺環境の評価

  • 買い物充実度
  • レストランやカフェの充実度
  • 娯楽施設の充実度
  • 交通機関
  • 街の雰囲気

日本語学校の留学生ですか?

日本での留学を考えている未来の留学生の為に、あなたの語学学校での体験談を伝えよう!

日本語学校の体験談を記入する

あなたの学校の情報を
お寄せください

・掲載情報が古い、間違っている

・学校の写真を掲載して欲しい

・学校が掲載されていないので載せて欲しい

などのお問い合わせは下記のフォームよりご連絡ください。

掲載に関するお問い合わせ