静岡県

日本一の山 富士山麓の平野 古くから東西の文化、経済の交流地域

静岡は日本の中部地方の南東部に位置し、太平洋沿岸に面している。東京と大阪の中間で古くから東西の文化、経済の交流として繁栄してきた。 日本の最高峰である「富士山」をはじめ、「愛高山」「遠笠山」などの火山で構成される「富士火山帯」が「伊豆半島」まで続いている。 県内には「熱海」「伊東」「修善寺」などの豊富な温泉があり、日本でも代表的な観光リゾート地としても知られている。 また「駿河湾」と「遠州灘」「浜名湖」などの海と湖、「天竜川」「大井川」などの河川とその河口に広がる平野など、静岡県は様々な自然環境を有し、気候は温暖である。

県の行政、経済の中心都市である「静岡市」は、戦国時代の武将「徳川家康」が築いた「駿府城」を中心に発展を遂げた城下町で、 市内には「駿府城」の遺跡や紀元前3世紀から4世紀頃の住居と高床式倉庫を再現した「登呂遺跡」、国宝の「久能山東照宮」などがある。 また、県西部には、昔から月の景色が美しいことで有名な「館山寺温泉」のある「浜松市」の 郊外にある「中田島砂丘」では毎年5月に大凧大会が行われ多くの観光客でにぎわう。

出典:観光庁ホームページ

http://www.jnto.go.jp/eng/

静岡県の周辺環境の評価

  • 買い物充実度
  • レストランやカフェの充実度
  • 娯楽施設の充実度
  • 交通機関
  • 街の雰囲気

日本語学校の留学生ですか?

日本での留学を考えている未来の留学生の為に、あなたの語学学校での体験談を伝えよう!

日本語学校の体験談を記入する

あなたの学校の情報を
お寄せください

・掲載情報が古い、間違っている

・学校の写真を掲載して欲しい

・学校が掲載されていないので載せて欲しい

などのお問い合わせは下記のフォームよりご連絡ください。

掲載に関するお問い合わせ