三重県

リアス式海岸での真珠の養殖 伊勢神宮から伊賀忍者、F1まで 歴史と新しいものの融合

三重県は、太平洋に面した「紀伊半島」の東に位置しており、南北に長く地形が複雑であるため、気候の変化も多様である。 県南部の海岸線は複雑なリアス式海岸で「伊勢志摩国立公園」に指定されている海岸線では、複雑な地形を活かした真珠とカキ、伊勢エビの養殖が行われている。 自然公園に指定されている面積は、県全体の3分の1以上であり、全国第2位に公園の専有率が高い。「鈴鹿国定公園」に属している「宇賀渓谷」、「赤目四十八滝」など、多くの景勝地がある。

古くから「お伊勢さん」という愛称で親しまれてきた「伊勢神宮」は、正式名称が地名のつかない「神宮」とも呼ばれ、太陽を神格化した天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀っており、年間1,000万人を超える参拝客でにぎわっている。また、伊賀で修行から忍法へ伝承発展した伊賀忍者に関連する歴史が学べる「伊賀流忍者博物館」、スペイン風のテーマパークである「志摩スペイン村」、F1グランプリの開催で有名な「鈴鹿サーキット」など、三重県は伝統と新しさが共存しており、多くの人々が訪れている。

出典:観光庁ホームページ

http://www.jnto.go.jp/eng/

三重県の周辺環境の評価

  • 買い物充実度
  • レストランやカフェの充実度
  • 娯楽施設の充実度
  • 交通機関
  • 街の雰囲気

日本語学校の留学生ですか?

日本での留学を考えている未来の留学生の為に、あなたの語学学校での体験談を伝えよう!

日本語学校の体験談を記入する

あなたの学校の情報を
お寄せください

・掲載情報が古い、間違っている

・学校の写真を掲載して欲しい

・学校が掲載されていないので載せて欲しい

などのお問い合わせは下記のフォームよりご連絡ください。

掲載に関するお問い合わせ