山口県

本州の最も西に位置し 昔から朝鮮半島との交流が活発な山口県

山口県は本州の最も西に位置している。その地理的立地と海流の関係で昔から朝鮮半島との交流が活発であった。 愛媛県との間に並んだ「防予諸島」は、瀬戸内海国立公園に属している。内海の穏やかな海に浮かんでいる数多くの島々、婉曲して変化に富んだ白い砂浜、 青い松の海岸が階段状の畑や民家などが一体となり美しい風景を醸し出している。 日本海に面した萩市は17世紀初めに築城された「萩城」を中心に発達した城下町である。 「山陰の小京都」と呼ばれ、昔ながらの路地には白い壁にひし形状に漆で固めた「ナマコ壁」と呼ばれる方式で作られた蔵が残っている。

県の中央に位置する山口市は、14世紀半ば当時の首都であった「京都」を真似して作られたため、 「西の京都」と呼ばれ、繁栄した。 毎年夏には、「京都」の「祇園祭」を模倣した「山口祇園祭」が行われる。 県の最も西部に位置し、下関市は「関門海峡」を挟んで「九州・門司港」と向かい合って​​おり、 長さ780メートルの「関門トンネル」に接続されている。

出典:観光庁ホームページ

http://www.jnto.go.jp/eng/

山口県の周辺環境の評価

  • 買い物充実度
  • レストランやカフェの充実度
  • 娯楽施設の充実度
  • 交通機関
  • 街の雰囲気

日本語学校の留学生ですか?

日本での留学を考えている未来の留学生の為に、あなたの語学学校での体験談を伝えよう!

日本語学校の体験談を記入する

あなたの学校の情報を
お寄せください

・掲載情報が古い、間違っている

・学校の写真を掲載して欲しい

・学校が掲載されていないので載せて欲しい

などのお問い合わせは下記のフォームよりご連絡ください。

掲載に関するお問い合わせ