香川県

庶民信仰の中心、金刀比羅宮と110以上の大小の美しい島 瀬戸内海に面している別名「日本の地中海」香川

香川県は四国地方の北東部に位置する。香川県は南に1060メートルの「竜王山」を頂点に、1000メートルの高さの山が並ぶ「讃岐山地」と北に広がる広大な「讃岐平野 」がある。 「小豆島」をはじめとした110以上の大小の島々が浮かぶ「瀬戸内海」で構成されている。香川県は古くから「讃岐三白」と呼ばれ、砂糖・塩・絹の生産が盛んに行われており、 城を中心に繁栄した都市として発達した「高松市」は、これらの材料を運搬する交通の要衝として中心的な役割をしてきた。

「瀬戸内海」に面した690キロに及ぶ海岸とゆったり海に浮かぶ絵のような島を従えた「備讃瀬戸海域」は1934年に国立公園第1号に指定されるほど美しい景観を誇る。 また、「金毘羅山」の名で親しまれ、「金刀比羅宮」は、「三重県」の「伊勢神社」と17-19世紀の庶民信仰の中心としての役割を担ってきた。 現在でも年間約400万参拝客が訪れる。気候が温暖で日本のオリーブ栽培の発祥の地として知られている「小豆島」には 「銚子渓」、「寒霞渓」など美しい渓谷とヨーロッパの地中海のビーチの景色に似た「小豆島オリーブ公園」などの観光スポットが豊富である。

出典:観光庁ホームページ

http://www.jnto.go.jp/eng/

香川県の周辺環境の評価

  • 買い物充実度
  • レストランやカフェの充実度
  • 娯楽施設の充実度
  • 交通機関
  • 街の雰囲気

日本語学校の留学生ですか?

日本での留学を考えている未来の留学生の為に、あなたの語学学校での体験談を伝えよう!

日本語学校の体験談を記入する

あなたの学校の情報を
お寄せください

・掲載情報が古い、間違っている

・学校の写真を掲載して欲しい

・学校が掲載されていないので載せて欲しい

などのお問い合わせは下記のフォームよりご連絡ください。

掲載に関するお問い合わせ