佐賀県

大陸文化の影響を受けて発展した陶磁器の名産地 日本最古の王国とされる邪馬台国と推定される吉野ヶ里遺跡を有する佐賀

佐賀県は「九州」の北西部に位置している。 玄海灘に面した東松浦半島の海岸は、曲がりくねったリアス式海岸で、多くの島々で構成されている。 県内では「唐津湾」では弓形を描くように東西5キロにわたって黒い松の森が続く「虹の松原」や「玄海灘」の荒波の浸食によってできた7つの洞窟のように並ぶ「七ツ釜」などの自然の美しさを満喫することができる。また、佐賀県は日本海を境に朝鮮半島と向かい合って​​いるため、古くから大陸との交流が活発で大陸文化の影響を多く受けてきた。

その影響は、「鳥栖市」にある「彩色壁画系装飾古墳」で知られる「田代太田古墳」などから見ることができる。また、中国の歴史書である魏志倭人伝に記述された「邪馬台国」と推定されている「吉野ヶ里遺跡」には、高さ12メートルのやぐら台と村落が再現され、1989年の発掘以来多くの人々がここを訪れている。佐賀は17世紀初め、当時の朝鮮から渡来した陶工によって窯業がはじまって以来、繊細で華やかな絵付の「有田焼」、昔から茶道愛好家に愛されてき「唐津焼」「伊万里焼」に至るまで数多くの 陶磁器で知られており、県内には多くの工房がある。

出典:観光庁ホームページ

http://www.jnto.go.jp/eng/

佐賀県の周辺環境の評価

  • 買い物充実度
  • レストランやカフェの充実度
  • 娯楽施設の充実度
  • 交通機関
  • 街の雰囲気

日本語学校の留学生ですか?

日本での留学を考えている未来の留学生の為に、あなたの語学学校での体験談を伝えよう!

日本語学校の体験談を記入する

あなたの学校の情報を
お寄せください

・掲載情報が古い、間違っている

・学校の写真を掲載して欲しい

・学校が掲載されていないので載せて欲しい

などのお問い合わせは下記のフォームよりご連絡ください。

掲載に関するお問い合わせ