山形県

昔から日本海航路が開かれた交通の要衝 100以上を超える温泉と神秘的な山々

東北地方で最も西に位置する山形県は、古くから日本海航路が開かれた交通の要衝である。 山形市をはじめ、新庄、鶴岡、米沢などの長い歴史を持つ都市がたくさんあり​​、「立石寺(りしゃくじ)」と「上山城(かみのやまじょう)」など数多くの歴史的な建物や、漆器・鋳物などの伝統工芸品も多く存在する。 下流地域に広大な「庄内平野」を形成して日本海に流れ込む「最上川」と山岳信仰の対象であった「蔵王連峰」「出羽三山」「鳥海山」などの自然景観が優れており、 「磐梯朝日国立公園」、「蔵王国定公園」、「鳥海国定公園」、「栗駒国定公園」などをすべて合わせた自然公園の面積は、県全体の面積の17パーセントに達する。

山形には100カ所以上の温泉があると共に、山形市の「花笠」祭り 、天童市の「人間将棋」祭りなどのイベントもよく知られている。また、「庄内平野」で収穫されるおいしいお米、澄んだ空気ときれいな水から生まれる日本酒やワイン、そば、さくらんぼ、ブドウ、柿などの果物類、タラやカキなどの新鮮な魚介類などを味わうことができる。またパラグライダーやスキーなどのスポーツやトラッキングなどのアウトドアが楽しめる。

出典:観光庁ホームページ

http://www.jnto.go.jp/eng/

山形県の周辺環境の評価

  • 買い物充実度
  • レストランやカフェの充実度
  • 娯楽施設の充実度
  • 交通機関
  • 街の雰囲気

日本語学校の留学生ですか?

日本での留学を考えている未来の留学生の為に、あなたの語学学校での体験談を伝えよう!

日本語学校の体験談を記入する

あなたの学校の情報を
お寄せください

・掲載情報が古い、間違っている

・学校の写真を掲載して欲しい

・学校が掲載されていないので載せて欲しい

などのお問い合わせは下記のフォームよりご連絡ください。

掲載に関するお問い合わせ