茨城県

日本で二番目に大きな湖 霞ヶ浦 日本三大庭園「偕楽園」日本三名瀑「袋田の滝」

茨城県は、本州の中央部に位置し、首都東京から約40キロの距離にある。東部を太平洋に面している茨城県は、北部の山岳地帯、中央部から南部に伸びた「関東平野」、そして「利根川」とその支流が流れる地域の三つの部分に分けられる。県の北部は、日本の3大瀑布の一つである「袋田の滝」など、美しい自然の宝庫である。県の中央には、季節に応じて変化を示す「筑波山」が「関東平野」を見下ろしており、そのふもとには、「筑波大学」をはじめとする国と民間の研究機関が集中するつくば学園研究都市が広がっている。

日本で二番目に大きい湖である「霞ヶ浦湖」では、クルーズとスズキの一種であるバス釣りを楽しむことができます。利根川の川沿いに位置する「潮来」では船に乗って水路を遊覧することもできる。特に初夏には周囲の菖蒲園に菖蒲の花が満開して、多くの人々がここを訪れる。19世紀当時の領主 徳川斉昭の名に基づいて作った「偕楽園」は、石川県の「兼六園」、岡山県の「後楽園」と一緒に日本三名園として知られている。梅とハギの名所として、花の開花時期には多くの人々で賑わう。また、陶磁器の里として知られている「笠間市」では、陶磁器を直接作って見ることもできる。

出典:観光庁ホームページ

http://www.jnto.go.jp/eng/

茨城県の周辺環境の評価

  • 買い物充実度
  • レストランやカフェの充実度
  • 娯楽施設の充実度
  • 交通機関
  • 街の雰囲気

日本語学校の留学生ですか?

日本での留学を考えている未来の留学生の為に、あなたの語学学校での体験談を伝えよう!

日本語学校の体験談を記入する

あなたの学校の情報を
お寄せください

・掲載情報が古い、間違っている

・学校の写真を掲載して欲しい

・学校が掲載されていないので載せて欲しい

などのお問い合わせは下記のフォームよりご連絡ください。

掲載に関するお問い合わせ